パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >代表的運動器疾患

大腿骨頚部骨折は高齢者に必発

大腿骨頚部骨折は高齢者に必発 大腿骨頚部骨折は高齢者の骨折好発部位として最も頻度も多く、著しいADL障害となり、生命予後にも影響を与えます。骨折の直接的な原因として転倒が最も多く、大腿骨頚部骨折の95%にもおよび、その背景として骨粗鬆症を有している場合がほとんどです。大腿骨頚部骨折は関節包内外のどちらで骨折したかでその予後は大きく変わります。一般的に関節包内で骨折する内側骨折(大腿骨頚部骨折)では骨粗...
大腿骨頚部骨折は高齢者に必発」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >代表的運動器疾患

変形性股関節症と姿勢の関係

変形性股関節症と姿勢の関係変形性股関節症とは、骨盤の寛骨臼と大腿骨頭との適合性が悪くなり変形を引き起こす疾患です。変形性股関節症には一次性と二次性に分類できます。一次性とは特に原因となる外傷などがなく変形が生じるもので、加齢による姿勢の変化が変形の要因といわれています。二次性とは臼蓋形成不全や先天性股関節脱臼といった直接変形の原因となる疾患があるものをいいます。日本人の多くがこの二次性の股OAとい...
変形性股関節症と姿勢の関係」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >代表的運動器疾患

シンスプリント(過労性脛部痛)の治療

シンスプリント(過労性脛部痛)の治療シンスプリント(過労性脛部痛)とは脛骨の真ん中から遠位後内側にかけて疼痛がみられる慢性外傷です。一般的に偏平足や回内足といった足部のアーチ不足が原因とされています。シンスプリント(過労性脛部痛)はヒラメ筋、後脛骨筋長母指屈筋といった足関節底屈筋や足指の屈筋群の使い過ぎといわれています。発生原因として足関節、足部の筋の短縮や、背屈制限やアーチ不足による下腿への回旋...
シンスプリント(過労性脛部痛)の治療」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >代表的運動器疾患

スポーツヘルニア(鼠径部痛)のリハビリテーション

スポーツヘルニア(鼠径部痛)のリハビリテーションスポーツヘルニア(鼠径部痛)は従来、内転筋起始部炎・腹直筋付着部炎・大腿直筋炎・腸腰筋腱炎・恥骨結合炎などと呼ばれていました。しかし、近年鼠径部痛を訴える方の多くに鼠径ヘルニアが見つかったことから鼠径部痛をスポーツヘルニアと呼ぶようになってきました。スポーツヘルニア(鼠径部痛)はスポーツ選手が多く訴え、ダッシュやキック動作を頻回に繰り返すこと鼠径部が...
スポーツヘルニア(鼠径部痛)のリハビリテーション」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >代表的運動器疾患

ランナー膝(腸脛靭帯炎)とO脚の関係

ランナー膝(腸脛靭帯炎)とO脚の関係近年ランニングが流行っていますが、ランナーが増えると同時にランニングによる膝周囲の障害も増加しています。ランナー膝はその代表といえます。ランナー膝はランニングによる膝の障害の総称ですが、多くは腸脛靭帯炎のことを指すことが多いです。ランナー膝(腸脛靭帯炎)はランニング時に腸脛靭帯が大腿骨の外側顆に擦れることで膝外側に疼痛が生じるものです。ランナー膝(腸脛靭帯炎)の...
ランナー膝(腸脛靭帯炎)とO脚の関係」の続きはこちら

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード