パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >スポンサー広告

スポンサーサイト


スポンサーサイト」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >機能的姿勢の重要性

下位交差症候群の特徴

下位交差症候群の特徴下位交差症候群とは気をつけをしたような一般的に良い姿勢とされるのですが、反リ腰になっているような姿勢をいいます。下位交差症候群はチアリーダーやバレエダンサー、新体操の選手といった過剰に良い姿勢を強調するような方によく見られます。下位交差症候群の特徴は・腸腰筋、大腿直筋など股関節屈筋群の短縮・腰背部の短縮・腹筋群の機能不全・ハムストリングスなど股関節伸筋群の機能不全・足関節背屈制...
下位交差症候群の特徴」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >機能的姿勢の重要性

上位交差症候群の特徴

上位交差症候群の特徴上位交差症候群とは、頭が前に出て背中が丸まったいわゆる猫背とよばれる姿勢です。上位交差症候群は日常生活でパソコンの使用やデスクワークなどの長時間背中を丸めることが多い方がなりやすい姿勢で、現代人によく見られるものです。上位交差症候群の特徴として・僧帽筋上部の短縮・大胸筋、小胸筋の短縮・胸鎖乳突筋の短縮・僧帽筋下部、中部の機能不全・菱形筋の機能不全などが考えられます。基本的なアプ...
上位交差症候群の特徴」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >機能的姿勢の重要性

不良姿勢続き

 不良姿勢について引き続き書きたいと思います。この姿勢スウェイバック姿勢といわれるものです。一見前弯後弯姿勢に間違いやすいが胸椎が後弯し、腰椎はやや前弯かフラット、骨盤は後傾し、前方へ移動します。この姿勢は腹直筋の短縮、ハムストリングスの短縮、脊柱起立筋の伸張などがあります。スウェイバック姿勢は骨盤が前傾しているように見えるため、改善アプローチとして間違ってトランクカールやピラティスでいうハンドレ...
不良姿勢続き」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >機能的姿勢の重要性

不良姿勢

 今回は不良姿勢について書きたいと思います。不良姿勢は慢性的な疾患となったり、急性疾患の原因となります。診るべきポイントは胸椎の後弯、腰椎の前後弯、骨盤の前後傾が特に重要です。特に腰椎の過度の前弯は腰痛の大きな原因となります。この腰椎の前弯は姿勢の変形、妊娠,肥満による腹筋群のたるみ、股関節の前面筋の短縮などがあります。この姿勢はいわゆる後弯前弯姿勢と呼ばれるしせいです。姿勢の評価の詳細はこちらに...
不良姿勢」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >機能的姿勢の重要性

正しい姿勢とは

  姿勢の改善はパーソナルトレーニングにおいて比較的需要の多い目的です。ですから姿勢に関して熟知することは非常に重要です。  人の姿勢を完全に左右対称前後対称にすることは不可能です。それは人の骨格が厳密には対称に出来ていないからです。また内蔵の位置も対象にはついていないのでズレが生じます。しかし限りなく理想的な姿勢を作ることは見た目の綺麗さだけでなく、筋が一番機能的に働き、局所に負担のかからない状...
正しい姿勢とは」の続きはこちら

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。