パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >身体機能を考える

左上肢挙上制限 心臓による影響

左上肢挙上制限 心臓による影響30代 男性左上肢挙上時に肩関節に痛みが出現し、十分に挙上出来ない。痛みの部位としては肩鎖関節付近にあるため、肩鎖関節の動きを出すよう調整するも痛みに変化なし。一度全身評価するため傾聴実施すると心臓付近に手が引かれます。正確には横隔膜と心臓をつなぐ心膜横隔靭帯が固い印象です。心臓を前後に挟みこみ、アンワインディングにてリリースします。胸郭内全体が軽くなったので、再度左上...
左上肢挙上制限 心臓による影響」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >身体機能を考える

立ち上がり後の腰痛 左片麻痺

立ち上がり後の腰痛 左片麻痺90代女性 左片麻痺長時間座ったあとに立ち上がると腰痛が出現するとのこと。評価において、腰仙関節、胸腰椎移行部の固さが顕著で、さらに、左大腰筋も短縮し固くなっていました。治療アプローチとしては、固くなった腰仙関節、胸腰椎移行部をアンワインディングにてリリース。これで大腰筋はゆるんできましたが、固さを取りきるために直接筋膜リリースを実施し、完全に緩めました。これで立ち上がり...
立ち上がり後の腰痛 左片麻痺」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >身体機能を考える

寝違えの治療

寝違えの治療60代女性で朝起きたら首が痛いと。頚部右側屈と伸展にて痛みが出現する。この方は既往として脊柱管狭窄症があり、腰椎3~4番までをプレート固定しています。関節リウマチや右大腿骨頚部骨折があるなどかなり問題のある方です。どこから攻めるか難しいところですが、評価すると、OA関節、頸椎3,4,5番、胸椎1番に問題がありました。一番制限のあるOA関節をリリースし、頸椎の側屈がきれいに出来るよう調整。これで痛み...
寝違えの治療」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >身体機能を考える

膝の痛みの原因は膝にあらず

膝の痛みの原因は膝にあらず 70代女性の方で右膝関節がいたみ、靴を履くときなど、右膝関節を曲げた時に痛いという症例がありました。膝が痛くなったのは初めてとのことで心配されていました。まずは膝関節の評価をします。片脚スクワットで痛みがでます。圧痛はなく、屈曲、伸展、側屈、回旋の関節包内運動をみます。膝関節そのものに問題はなさそうです。評価の範囲を広げていきます。気になったのは右仙腸関節の硬さと、右足関...
膝の痛みの原因は膝にあらず」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >身体機能を考える

圧をかけるか圧を減らすか

圧をかけるか圧を減らすか片麻痺に限らず、整形疾患の患者さんにおいても座位、立位、歩行へ繋げるためには、荷重をしっかりかけることは非常に重要です。これに関して誰も異論は無いと思います。荷重をかけることで最適な筋活動を得る事ができます。当然筋の状態を可能な限り正常にしておく必要もあります。つまり、荷重をかけずして抗重力位での姿勢、動作は改善されません。荷重をかけることで骨の鉛直線上に常に軸圧がかかり続...
圧をかけるか圧を減らすか」の続きはこちら

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード