パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >スポンサー広告

スポンサーサイト


スポンサーサイト」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >セミナーに参加

IRA研究会に参加

...
IRA研究会に参加」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >セミナーに参加

マッスルアクティベーションテクニック(MAT)の基礎

 マッスルアクティベーションテクニック(MAT)先日マッスルアクティベーションテクニック(MAT)という手技の基礎を学んできました。このテクニックは筋肉のバランスを可動域を使ってチェックし、抑制されている筋肉の本来の機能を取り戻していくテクニックです。このテクニックを学んでいる方は日本ではまだ3人しかおらず、本格的に学ぶにはアメリカまで行かなければならないそうです。通常可動域制限があると、その反対の筋に問...
マッスルアクティベーションテクニック(MAT)の基礎」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >セミナーに参加

運動器基礎研究会 症例検討会

 運動器基礎研究会へ参加してきました。この研究会は某病院で隔月で行われるもので、職種は問わないので様々な方たちが参加されています。今回のテーマは実際の患者さまを呼んで実際に評価、治療を行う症例検討会でした。股関節骨折のリハビリを受けている患者様で、左右の片脚立位が出来ないので、ズボンを履けないという主訴をもっていました。今回私は改めて評価の重要性、また実際に治療をしていただいた理学療法士の先生のす...
運動器基礎研究会 症例検討会」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >セミナーに参加

運動器基礎研究会

  昨日私は某病院で開催された運動器基礎研究会という勉強会に参加しました。この勉強会は理学療法士、鍼灸師、柔道整復士、トレーナーなど運動器を扱う職種の人間であれば誰でも参加できる勉強会です。2ヶ月に一回のペースで毎回様々なテーマに沿って行われます。病院で開催されているので内容はよりメディカルな要素の強いものです。今回のテーマは「スポーツ現場で必要な評価の基礎知識」でした。評価とは姿勢のアライメント...
運動器基礎研究会」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >セミナーに参加

肩の運動機能研究会

 先日私は大阪国際会議場で開催された肩の運動機能研究会に参加してきました。 参加者はほとんどドクター、理学療法士などの医療関係者ばかりでトレーナーは少なかったように思 います。 肩の運動学、疼痛管理、拘縮肩についてと非常に臨床で役に立つものばかりでした。 パーソナルで中高年のクライアントをお相手していても、肩の問題をお持ちの方はたくさんいらっしゃい ます。 特に外転、外旋制限を持つ方...
肩の運動機能研究会」の続きはこちら

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。