パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >骨粗しょう症メカニズム

骨を強くする運動

 中高年になると骨密度の低下から骨粗しょう症になりやすくなります。骨粗しょう症が進行すると日常生活での転倒などによる骨折も起きてしまいます。そうならないよう骨を強化する必要があるのですが、運動が比較的有効であるといわれています。ここで重要なのは荷重運動をするということです。荷重運動とは骨の長軸方向に垂直に押しつぶすような負荷をかける運動のことです。骨の強度の上げるにはこの押しつぶすような負荷をかけ...
骨を強くする運動」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >骨粗しょう症メカニズム

骨密度、骨強度に影響を与える要因

 骨の代謝には破骨細胞と骨芽細胞がになっていて、これらの細胞の活性に影響を与える要因として内的要因(遺伝的要因)と外的要因があります。内的要因とは性別や人種、年齢など、外的要因とはカルシウムの摂取などの栄養摂取状況、アルコール、タバコ、コーヒーなどと関連した生活習慣、運動習慣、疾病の有無などがあります。内的要因    ・性別  女性の場合閉経によって女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下 ...
骨密度、骨強度に影響を与える要因」の続きはこちら
パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >骨粗しょう症メカニズム

老化と骨粗しょう症

 近年高齢社会の話題にあわせて高齢者の転倒による骨折が増加しています。中高年齢者では加齢による老化現象で骨量が減少し、骨の脆弱化が進みます。そのため骨折しやすくなるのです。特に高齢者となって顕著に現れるのは骨粗しょう症を背景とした転倒時の骨折の増加で、人口の約10%弱が骨粗しょう症ともいわれています。 骨折発生の理由には、低レベルの筋機能や神経系機能、低レベルの骨強度が挙げられます。研究によると若...
老化と骨粗しょう症」の続きはこちら

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード