パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >代表的運動器疾患 >>ギランバレー症候群の前駆症状

ギランバレー症候群の前駆症状

ギランバレー症候群の前駆症状

ギランバレー症候群運動麻痺を主症状とした多発性神経根炎
です。

最近では芸能人の安岡力也さんや大原麗子さんが罹患していた
ことでニュースになりましたね。

一般的に男性より女性のほうが発症率が高く、発症年齢は50~70歳
が特に多いようです。

発病率は10万人に1人といわれており比較的身近な疾患です。

運動麻痺は主に下肢の筋力低下から始まり、体幹、上肢、顔面、
さらに呼吸筋と進行していきます。

四肢の麻痺は特に遠位筋に強く出現するのが原則です。

また、運動障害に比べて感覚障害は比較的程度が軽いのも特徴です。

ギランバレー症候群は自分を守るための免疫システムの異常により
自分の神経を攻撃していることが原因です。

そして、ギランバレー症候群では一般的に前駆症状が出現します。

咽頭発火、扁桃炎、胃腸障害、風邪を引くなどがあります。

これらの前駆症状が出現すると要注意です。

ギランバレー症候群のリハビリテーションとして全身の筋力強化
およびADL動作訓練が重要です。

下肢、体幹の機能改善は日常生活動作を行う上で特に重要です。

【送料無料】ギランバレー症候群と闘った日々

☆関連記事
身体機能を考える
関連記事

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。