パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >代表的運動器疾患 >>スポーツヘルニア(鼠径部痛)のリハビリテーション

スポーツヘルニア(鼠径部痛)のリハビリテーション

スポーツヘルニア(鼠径部痛)のリハビリテーション

スポーツヘルニア(鼠径部痛)は従来、内転筋起始部炎・
腹直筋付着部炎・大腿直筋炎・腸腰筋腱炎・恥骨結合炎
などと呼ばれていました。

しかし、近年鼠径部痛を訴える方の多くに鼠径ヘルニア
が見つかったことから鼠径部痛をスポーツヘルニアと
呼ぶようになってきました。

スポーツヘルニア(鼠径部痛)はスポーツ選手が多く訴え、
ダッシュやキック動作を頻回に繰り返すこと鼠径部が
弱化するものと考えられています。

また、腹圧を上昇させることで鼠径部に圧がかかることも
スポーツヘルニア(鼠径部痛)発生の原因といわれています。

疼痛の誘発部位として、鼠径部や内転筋近位部が多く、ダッシュ
やキック動作時に疼痛が発生します。

スポーツヘルニア(鼠径部痛)の治療アプローチとして股関節
内転筋群のストレッチが重要です。

筋力強化として股関節周囲筋を強化し、徐々にスポーツ動作
につなげていきます。

また適切に腹圧を高めることも重要です。

☆関連記事
代表的運動器疾患
関連記事

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。