パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >代表的運動器疾患 >>シンスプリント(過労性脛部痛)の治療

シンスプリント(過労性脛部痛)の治療

シンスプリント(過労性脛部痛)の治療

シンスプリント(過労性脛部痛)とは脛骨の真ん中から遠位後内側
にかけて疼痛がみられる慢性外傷です。

一般的に偏平足回内足といった足部のアーチ不足が原因と
されています。

シンスプリント(過労性脛部痛)はヒラメ筋、後脛骨筋長母指屈筋
といった足関節底屈筋や足指の屈筋群の使い過ぎといわれています。

発生原因として足関節、足部の筋の短縮や、背屈制限やアーチ不足
による下腿への回旋ストレスにより発症します。

シンスプリント(過労性脛部痛)の治療として、急性期においては
基本的なRICE処置が重要になります。

また、短縮した筋へのストレッチや筋力強化が必要になるのですが、
特に荷重位での足部のアライメントを改善することが重要です。

回内足では下腿の内旋が繰り返されるため、回内足を改善するため
に下腿三頭筋へのストレッチや後脛骨筋の筋力強化を行いながら、
適切な荷重訓練を行い、徐々に歩行やランニングにつなげていく
必要があります。

☆関連記事
代表的運動器疾患
関連記事

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード