パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >リハ トレーニングおススメ書籍 >>姿勢調節障害の理学療法と多関節運動学入門の再版望む

姿勢調節障害の理学療法と多関節運動学入門の再版望む

姿勢調節障害の理学療法と多関節運動学入門の再版望む

私はずっと姿勢制御について勉強しています。

ヒトの動作は「姿勢と運動」の組み合わせで成り立っています。

このバランスが崩れると姿勢調節障害が生じます。

姿勢バランスには「ただ立つ」といった静的姿勢制御
外乱負荷に対してバランスを保つ反応性姿勢制御、随意運動時
のバランスを保つ予測的姿勢制御があります。

これらの姿勢制御に対して理解を深めることはヒトの動作を
考えるうえで非常に重要です。

とくに予測的姿勢制御はあらゆる随意運動に先行して生じる
姿勢制御で先行随伴性姿勢制御ともいいます。

この姿勢制御について書かれている書籍は多数ありますが、

その中でも姿勢調節障害の理学療法多関節運動学入門
内容が充実しており、重宝しています。

特に多関節運動学入門は後半のほとんどを先行随伴性姿勢制御

について書かれており、参考になります。

しかし、この2書籍現在は廃版になっていて販売していません。
(2012年1月21日現在)


これほど良い書籍が廃版になっている理由がわかりません。

ぜひ、再版していただき、より多くのセラピストに読んでいただきたいです。

第2版が出版されました!
姿勢調節障害の理学療法第2版(2012年4月6日)


現在販売されている物で、姿勢制御について書かれている最高の書籍は
なんといってもモーターコントロールでしょう。

さまざまな論文でも引用されている名著です。

その他、最近出版された書籍では姿勢の脳・神経科学―その基礎から臨床まで
がよかったです。

姿勢制御の第一人者でもある高草木薫先生が書かれた章は読んでいて
興奮しました。


ぜひご参考ください。

☆関連記事
リハ トレーニングおススメ書籍
関連記事

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード