FC2ブログ


パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >代表的運動器疾患 >>大腿骨頚部骨折は高齢者に必発

大腿骨頚部骨折は高齢者に必発

大腿骨頚部骨折は高齢者に必発

 大腿骨頚部骨折高齢者の骨折好発部位として最も頻度も多く、
著しいADL障害となり、生命予後にも影響を与えます。

骨折の直接的な原因として転倒が最も多く、大腿骨頚部骨折の95%にもおよび、
その背景として骨粗鬆症を有している場合がほとんどです。

大腿骨頚部骨折は関節包内外のどちらで骨折したかでその予後は大きく変わります。

一般的に関節包内で骨折する内側骨折(大腿骨頚部骨折)では骨粗鬆症による
骨強度低下で、転倒や日常生活的な過重などの外力によって生じることが多いといわれています。

内側骨折は、骨癒合もしにくい骨折であるため予後が悪いとされています。

内側骨折では、骨片転位の程度で分類したGardenn分類が使われます。

対して関節包外で骨折する外側骨折(大腿骨転子間骨折・大腿骨転子部骨折・
大腿骨転子下骨折)は大転子を転倒などで強打して発症することが多く、
内側骨折に比べ、関節包外であるため、外膜があり血流も豊富で骨癒合を得やすい。

外側骨折の分類法は整復の難易度により安定型と不安定型に大別されたEvans分類
が用いられます。

☆関連記事
代表的運動器疾患

関連記事

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。