FC2ブログ


パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >身体機能を考える >>触診のとらえかた

触診のとらえかた

触診のとらえかた

触診の重要性はだれもが知っていると思います。

目的の筋を触る、骨を触る。

これらは解剖の知識がないと出来ません。

しかし、本当に重要なことは相手に触れることで相手が
どのように変化するのかを感じ取ることです。

ここが難しい・・・

相手に触れる時、どうしても操作しようとしてしまいます。

相手に触れると何らかの変化が生じます。

筋緊張の変化・動きの変化などなど。

触れるという感覚が刺激となって様々な反応が生じるのです。

この反応を感じ取れるかどうかが触診の重要なポイントになります。

このとき自らの手を効果器として扱ってしまいがちです。

手を感覚器、センサーととらえ、触れることによって何が変わったのか、
期待した変化なのか、そうではないのかなどを感じなければなりません。

自分本位に動かそうとすると求めた反応も出ないですし、変化に気づく
事もできません。

その為にはセラピスト・トレーナー自身の身体感覚を磨く必要があります。

常に客観的に自分を見つめながら相手を触診することが重要ですね。

私も全然出来てませんが・・・・

☆関連記事
身体機能を考える

☆おススメ書籍




関連記事

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。