「MOVEMENT」は凄い!

「MOVEMENT」は凄い!

私は今、「MOVEMENT」という書籍を読んでいます。

しかも、一気に3回連続で読んでいます。

それほど良い内容の書籍です。

著者はファンクショナルムーブメントシステム、いわゆる「FMS」
というファンクショナルトレーニングを提唱されているGRAY・COOK
という理学療法士の方によって書かれているものです。

この書籍の凄いところは、スクリーニングの重要性を説いている
ということ。

そして、何よりも動作を改善するためには、細かな機能障害に
目を向けるのではなく、動作パターンの改善に目を向ける
ことを説いているところです。

つまり、何々筋が弱いといった部分的なところを問題点に
するのではなく、問題がある動作パターン自体にアプローチ
すべきと説いているのです。

そして、動作パターンを獲得するためのアプローチの難易度
には成長・発達の段階を踏ませます。

また、運動ではなく、感覚、知覚を重要視しています。

整形外科疾患やスポーツ整形といった領域で感覚、知覚に
これほど重きを置いているのは稀ではないでしょうか?

すべてのクライアントや患者さんに対応出来るわけではない
とは思いますが、非常に秀逸な内容であると思います。

久しぶりの当たりの書籍です。

多くのトレーナー、セラピストに読んでいただきたい内容ですね。


☆関連書籍
リハ トレーニングおススメ書籍
関連記事

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード