パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >身体機能を考える >>股関節の弾力性②

股関節の弾力性②

股関節の弾力性②

だいぶ間が空いてしまいましたが・・・

股関節の弾力性の評価の仕方ですが、まず
背臥位にて足底から骨盤の臼蓋に向かって頭側へ
軸圧をかけていきます。

この時、弾力性があると臼蓋に向かってブレがなく
圧をかけることができ、撓むような感触を得る事が
できます。

一方、股関節の弾力性に乏しい場合、軸圧が真っ直ぐ
かからなかったり、股関節や仙腸関節付近でガチっと
止まるような硬い感触を得ます。

他にも、背臥位にて股関節膝関節90°屈曲位にて
膝を臼蓋に向かって押しこみます。

股関節が硬いと沈み込みが少なく、弾力性があると
スムーズに沈み込みます。

さらに、膝立て背臥位にて同じように膝から臼蓋に向かって
押しこみます。

この時の撓み具合も評価します。

この3つの肢位にて股関節の弾力性を評価し、どの角度で
硬いか、撓むかを診ます。

全ての肢位で弾力性があると股関節の機能は良いと
考えられますし、ある角度で硬いのであればその角度
での動作に問題が出やすいと考えられ、介入ポイント
になります。

股関節は自由度が高い関節なので、矢状面だけでなく、
内外転位等の前額面での評価を加えても良いと思います。

この評価法は即治療法にもなり、反応が良い角度から
小さく軸圧をかけていき、徐々に振幅を大きくしたり、角度
を変えたりしながら弾力性を高めていくこともできます。

そして目的の動作につなげていくと統合されます。
関連記事

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。