パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >身体機能を考える >>するではなく、自ずとなるもの

するではなく、自ずとなるもの

するではなく、自ずとなるもの

 姿勢を意識する、歩行を意識する。

多くの場面で意識してもらうことが多いと思います。

姿勢や動作のポイントを意識してもらうことは再現性
という意味では重要です。

しかし、本来姿勢や動作は意識するものではありません。

しかし、無意識の結果が姿勢のアンバランスや、動作の
代償が形成されています。

目指すべきは意識するのではなく、自ずとその姿勢、動作
になるように身体構造や動きの機能を整えるという事です。

結果である姿勢や動作そのものを意識させたり、無意識で
行わせたりするよりも、前段階である構造や機能を上げていくと
結果は保証されるということです。

だからこそ丁寧に身体そのものを整えていくことが
重要なのです。
関連記事

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード