パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

運動処方の考え方

運動処方の考え方

私はパーソナルセッションでの運動処方を考えるとき
このレジスタンストレーニングのプログラムデザイン
よく参考にしています。

レジスタンストレーニングのプログラムデザインはJATIの理事である龍谷大学
の長谷川裕先生が日本語訳をしている書籍です。

長谷川先生はトレーナーの世界では知らない人はいないほどの第一人者です。

パーソナルトレーニングをしていると各クライアントに対して
目的、年齢、性差などを考慮した運動処方を考える
必要があります。

当然のことながら様々なスポーツのアスリートに対してもパーソナル
トレーニングを実施します。

アスリートのトレーニングプログラムを立てる時の難しさは、各競技特有の
エネルギー供給機構、動作特異性、障害予防などを考慮しなければならない
上、クライアントの低下している機能、強化すべき能力の両方向から
考える必要があるところです。

このレジスタンストレーニングのプログラムデザインでは具体的なエクササイズ
についての記述はないのですが、トレーニングプログラムの立案に対する
考え方について詳細に書かれています。

トレーナーの方はまずこのレジスタンストレーニングのプログラムデザインを
読んでから様々なエクササイズの書籍を読むことをお勧めします。
関連記事

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。