パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >代表的運動器疾患 >>ローテーターカフと腱板損傷

ローテーターカフと腱板損傷

ローテーターカフと腱板損傷

ローテーターカフ(回旋筋腱板)とは、肩関節の
インナーマッスルのことで、棘上筋棘下筋小円筋
肩甲下筋の4つの筋を指します。

ローテーターカフの機能として、教科書的には
棘上筋は外転、棘下筋、小円筋は外旋(近年、棘下筋
には外転作用も強く持っているとも言われています。)、
肩甲下筋は内旋作用があります。

しかし、ローテーターカフの最も重要な作用は肩関節、
正確には肩甲上腕関節の安定性を保つ作用です。

肩関節は大きな上腕骨頭に対して受け皿である肩甲骨
関節窩が小さいという構造上の不安定性を有しています。

これは安定性を犠牲にすることで可動性を得るためです。

この不安定性を補うために関節唇、関節包、靭帯などがあるの
ですが、これらの支持組織では安定性をまかなえないため
筋による安定が重要となります。

ローテータ―カフは上腕骨頭を関節窩に引き付けることで
求心位をとり、さらに上肢挙上時の初期角度をつけること
で三角筋を効率よく働かせる役割があります。

ローテータ―カフの中でも棘上筋が重要な役割を担って
いるのですが、棘上筋の機能低下や加齢による萎縮など
により、挙上時に上腕骨頭の上方への変位が起きます。

その結果、肩峰下腔が狭小化し棘上筋が肩峰と上腕骨大結節
に挟み込まれて腱板損傷腱板断裂が発症します。

腱板損傷、腱板断裂の症状として、動作時痛、安静時痛、
夜間痛などがあります。

腱板損傷、腱板断裂の保存療法として、ローテータ―カフの強化、
前鋸筋との連動、姿勢改善が重要になります。

☆関連記事
身体機能を考える
関連記事

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。