パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >スポンサー広告 >>スポンサーサイト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーソナルトレーナー機能改善の現場サイトトップ >身体機能を考える >>コアスタビリティと呼吸

コアスタビリティと呼吸

コアスタビリティと呼吸

コアスタビリティを高めるために呼吸は重要な
手段です。

コアスタビリティを構成している腹横筋横隔膜は呼吸により活性化されます。

吸気時に横隔膜、呼気時に腹横筋が収縮します。

コアスタビリティの機能が低下すると胸郭が挙上し、
呼吸が浅くなり、より下部体幹の安定性が損なわれる
という悪循環になります。

呼気を十分に行い、意識的に腹横筋を活動させることで
低下したコアスタビリティを高める必要があります。

しかし、コアスタビリティの機能は無意識かつ自動的な機能
です。

そのレベルまで繋げるためにまずは呼吸から始め,
徐々に四肢の動きや重心の移動に対して適切にコアが
働くようにしていきます。

☆関連記事
コアコントロールについて
コアの重要性
コアスタビリティ―にバランスボール
ドローインに変わる新たなコアトレーニング
関連記事

プロフィール

coldsweat

Author:coldsweat
理学療法士、パーソナルトレーナーとして勤務

検索フォーム

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。